消費税に係る事柄

国特にとの間をまたいだ取引きである国際取引を行う際には、さまざまな諸問題を乗り越えていく必要があり、そうしたものの一つに税金の問題があります。

わたしたちが日常の生活の中で最も触れる機会のある税金と言えば、お店などで物を買ったり、外で何かのサービスを受けたりした場合に支払われる対価に対して掛かる消費税になりますが国際取引を行う際にもこうした消費税に係る事柄が関わってきます。

いろいろな製品や商品などを輸出したり輸入したりすることを行い、それによる対価を金銭で受け取る事を目的としている国際取引ですが、わたしたちの国から海外へとものを輸出する場合と、海外からわたしたちの国内へものを輸入する場合とでは、実は消費税のかかり方に違いがあるのです。

日本国内で製品や商品の取引を行う場合には、どんな場合でもその対価として支払う料金に対して消費税が必ず掛かる事になっていますが、国内から海外へと製品や商品を販売する場合、つまり、輸出を行う場合には消費税が免税となります。

例えば、海外へ輸出を行っている商社などの場合、日本の国内でメーカーから製品などを買った場合には、そこに消費税を支払うことになり、輸出を行う製品を仕入れることになります。
さらにこの製品を海外の取引先に販売する、つまり輸出を行う場合には、消費税が免税されるために消費税を受け取らずに販売する製品の代金だけが商社に入ることになります。

こうした輸出に係る消費税は、輸出を行う業者にはものの仕入れの際にかかった消費税が還付される場合があります。

これは、消費税の計算の仕組みによって行われるもになりますが、通常の場合であれば、国内での取引になりますので消費税を納税しなければいけない金額の計算方法は、製品などを販売した時に預かった消費税から、製品などを仕入れるために必要とされた支払った消費税を引いたものになり、この金額が消費税の納税額になります。

こうしたことから、製品を仕入れるために支払った消費税の金額が、製品を販売した時に受け取った消費税の金額を上回った場合には、消費税額の計算式の値がマイナスになりますので、その分の消費税が還付されることになっているのです。

これに対して、輸入を行った場合には消費税がが税されることが定められており、輸入の取引を行うときに、通関業者などが税関などの手続きを代行してくれますが、この際の手続きに際して、輸入消費税を支払うことになっているのです。