国際取引法

わたしたちは日常の生活において、さまざまな国と国との間での取引きである国際取引の恩恵を受けて暮らしています。

こうした国家間での取引き、製品や商品、原料、エネルギーなどの輸出や輸入に関わる貿易などには、さまざなな乗り越えるべき課題や問題点があります。

まず初めにあげられるものとしては、言葉の壁になり、交渉を取りまとめるための言語が違うために、両国間のどちらの言語を使うのかなどの決定が必要になります。
このような問題の他にも、商品や製品などを輸入したとしても、その製品が国内で販売できるものか、特別な規制に抵触していないかなどの確認が必要であり、食品に関わるものであれば検疫等といった問題なども関わってくる他、またその数量の制限や掛かるべき税金などに対する考えも必要になります。

さらに、国と国が離れているという事情から、取引きを行う当事者間のコミュニケーションの問題もあり、お互いの企業などの信頼状況や経営状態、実際に製品などの売買を行い際にはその生産能力や品質管理などに対してもつぶさな調査を行うことが出来ないということがあげられるほか、実際のニュにゅうやニュ出を考えた場合に、その距離感の輸送ということによって、それに関わるコストやその製品などの移動に発生するであろう災害や盗難といった事体に対しての保証などの問題も考えなくてななりません。

もちろん、これ以外でもどちらの通貨で決済を行うのか、または第三国の通過による決済を選択するのか、製品が引き渡された状態で決済完了なのは、契約締結の状態において決済を行うのかと行ったことから、それぞれの国の国内情勢や政治の動向、近隣諸国での戦争やテロなどと言ったものも含めて、国際取引というものを考えていかなくてなりません。

こうした様々な問題のうちで、最も大きいとされるものとしては、それぞれの国の法制度や商取引の習慣の違いがあります。
こうしたもは、企業間はもちろんですがときに国家間の問題になる場合も多く、こうした不具合を解消する方法として、国際協定や条約を締結するなどを行い、国際的な商取引の習慣を取りまとめるなどを行い、法的な整備も含めてルールや規格などの統一を図るものが、いわゆる国際取引法と言うものになります、。

国際取引を行う際には、取引きをする上でお互いの国がどのような協定や条約に加盟しているのかの確認が必要ですし、国際的な取引慣行の約款を行ったり、世界的な標準のルールを用いる場合には、その取引きにおいて、どの協定や条約を利用するのか、いつの年代に定められたものを選択しているのかなどを、双方合意の上でこれを明確にし、契約書などに記載することになっているのです。